アイドルマスターのオリジナル曲数を数えてみた


あうう~~、プロデューサー。歌う曲が多すぎて覚えられません~~

アイマスは曲がいっぱいあるからなあ。全部で何曲くらいあるんだろう

私一人の持ち歌だけでも10曲あるんですよねー

たまげたなあ

最新の曲数(2017年6月)はこちら

アイマス曲が多すぎる

はい、多すぎなんです。アケマス開始から10年、いったい今何曲あるのか、数えるだけでも一苦労です。そこで、10周年関連のイベントが始まる前に一旦整理してみることにしました。なお、「多すぎ」と書いてますが、別に批判するつもりは全くありません。むしろもっとやれ

というわけで、「オリジナル曲数」という観点でデータを見てみたいと思います。曲数のカウントについてのレギュレーションはこのエントリの最後に載せていますので、そちらをご確認ください。また、曲数が曲数だけに、データに誤りがあるかもしれません。否、絶対あります。見つけた場合はコメントで教えていただくか、あるいはそっと心のうちに秘めておいてください。

アイマス曲は全部で440曲!

imascount201501

2015年2月18日、シンデレラガールズの「Star!!」発売までで、アイマスには440曲のオリジナル曲があります。めっちゃめちゃ多いですね!しかも、ミリオンは3月発売のLTHで12曲が追加されるでしょうし、シンデレラのアニメでも未発売の新曲が登場しました。ラジオでも「流刑地ロックでれぱDEないと」が発表されてます。つまり450曲を超えることはもう確定しています。500曲が見えてきていますね!

そして、上の円グラフから得られるもう一つの特徴、ミリオンライブ多すぎ!既にアイマス全体の1/4を占め、765プロASの半分に達しています(ミリオンライブ自体が765プロASを含むのでややこしいのですが)。サービス開始から2年で112曲、更に3月で124曲!ミリオン頭おかしいですね!

プロジェクトごとの曲数増加傾向

各プロジェクトごとの曲数増加傾向をグラフにしてみました。また、代表的な商品画像をプロットした画像も用意してみました

imascount201502

  • 765プロASはアケマスリリース後しばらくしてから曲数が上昇し、途中多少のムラはあるものの、ほぼ均一のペースで増えていることが分かります。ほとんど失速してないですね。
  • シンデレラは765プロASに比べると落ち着いたペースです。アニメ化でスピードアップするでしょうか?
  • ミリオンは分かりやすいリリース形態をとっていることもあり、直線です。絶壁です。シンデレラを早々にぶっちぎってます。
  • ラジオ曲はミンゴスとキングの時代にガンガン増えてましたが、ここ最近は少し落ち着いていることが伺えます。番組は増えてるんですけどね。

imascount201504

続いて、積み上げグラフです。こうしてみるとよく分かりますが、2012年頃まではほぼ等速で増え続けていたのが、シンデレラとミリオンがアクセルを踏み始めた2013年あたりから加速度が上昇しています。この頃からお金が貯まらなくなってきたPも多いんじゃないでしょうか。ちなみに、現時点の半分、220曲に達したのは2012年の11月。この2年ちょっとで半分がリリースされている計算になりますね(更にその半分以上を占めるミリオンのせいですが)。

765プロの歌う曲について

最後に、765プロASのオリジナル曲をピックアップしてみたいと思います。ここでは本家765プロのメンバーが中心となって歌う曲のみを集計しました。876・ジュピター・玲音曲は入っていません。また、ミリオンとラジオについても765プロASメンバー曲を含めています。あ、しまった、アッパレ抜いとけばよかった。

imascount201505

大きく「1st VISION」「2nd VISION」に分け、その中でも「ファミソン8BIT」「ぷちます!」シリーズを別立てにしています。1stと2ndはライブで中心になる曲ですが、なかなかいいバランスですね(何が?)。8BITとぷちますはライブ等で耳にする頻度がきわめて低いのが特徴です。ぷちます曲が地味に多いのが目立ちますね。ミリオンはソロ24曲と「合言葉はスタートアップ!」ですが、9thではこれ以外の曲も歌ったので油断がなりません。なお、3月には27曲になると思われます。

これだけのオリジナル曲数をもつグループは、アニメ・ゲーム業界どころか、プロミュージシャンを含めてもそうそういないでしょう(もちろんアイマスのユニット制は特殊なので単純に比較はできませんが)。何かしら条件をつければギネス行けそうな気がします。声付きのアイドルだけで100人に達しようとしているアイマスの中で、765プロアイドル+事務員である声優14人が長い時間をかけて築いてきたものの大きさが、「曲数」という数字にあらわれているように思います。

まとめ:これからのアイマス

アイマスの10年を「曲数」で眺めてみましたが、それにしても多い!多すぎる!

特にミリオンライブですよ。サービス開始2年経たずして100曲を突破!なんと、今年5周年を迎える「ラブライブ」の曲数を超えているようです。どちらもランティスのCDで、売り上げ的にも負けてるだろうに、どんな判断がはたらいてるのでしょうかw!いや、これは同時期のラブライブが凄かったというべきか。ぐぬぬ。

さて、今回曲数という観点でアイマスを振り返ったのですが、この目的ははっきりしています。それはアイマスの未来を考えること。2015年に10周年を迎えるアイマスは、おそらく新しいステージに突入すると思われます。かなり高い確率で「3rd VISION」が始まるんではないでしょうか(商標は2013年に取っているようですし)。

以下、その上での個人的な想像です。このエントリで、シンデレラとミリオンの「進み方」が全然違うことがグラフからもよくわかると思います。そして、765プロASの膨大な歴史の大きさ。これらから察するに、ミリオンは765プロになろうとしているのではないでしょうか(設定上765プロなんですけども)。それに対して、シンデレラはそれとは全く違った売り方をしようとしているように見えます。

これはどちらが良いという話ではありません。そもそも765プロASはどちらとも全く違う道を、というか道無き道を必死で切り拓いてきた印象です。「私達は整備された道を歩かせてもらっている」と言ったのは誰でしたっけ?いずれにせよ、舗装された道があるなら先輩と同じことをする必要はありません。シンデレラは滑走路からふわりと飛び立ち、ミリオンはかつてない最高速を叩き出す方向を目指している、そんな感じです。

おそらくシンデレラはこの3年間の手応えとして「この路線で戦っていける」という感触を掴んでいると思います。それに対して、ミリオンは「エンジンを最高回転に温めている」感じでしょうか。この見方が正しければ、LTH終了直後の2ndライブで何かしらデカい発表あるんじゃないかなー?などと妄想しております。765になるということは……?いや、あくまで妄想ですよ。

765プロASはどうなるでしょうか。正直、そろそろ減速・縮小が見えてもおかしくない……と思っていました。が、去年の9thを見る限り、まだまだそんな心配はしなくてもいい気がします。とにかくまず今年の夏ライブですね。おそらく近いうちに情報が出ると思いますので、楽しみに待とうと思います。

随分と力入れて書いてしまいました。今年も本職がんばるぞ!

レギュレーション

対象とする曲について

  • アイドルマスタープロジェクトの歌付きの楽曲すべてが対象です。BGMは含めません。対象の楽曲リストCSVファイルはこちら
  • アイマス曲の分類を、大きく「765プロAS(オールスターズ)」、「シンデレラ(ガールズ)」、「ミリオン(ライブ)」、「ラジオ」に分けています。876やJupiter、玲音は系統上765プロASに含めています。また、合同曲である「IDOL POWER RAINBOW」も765プロASに含めていますのでご注意ください。
  • 「ラジオ」を別立てにしているのは、ポジション的に「キャラソン」ではなく「声優ソング」に近いためです。ただ、曲によって程度がマチマチで、ラジオ主題歌でもキャラ名義のものがあり、悩みました。基本的にキャラ名義であっても、ラジオ主題歌の曲は「ラジオ」としています。なお、現時点で「U・N・M・E・I ライブ」がミリオンである他は、全て765プロASの曲です。
  • 「XENOGLOSSIA」の楽曲は対象としていません。これには異論があるかもしれませんが、このエントリの計測目的上ノイズになる可能性が高いと判断しました。なお、2014年にアニメイトのキャンペーンで配布された全ジャケットポスターにも「載っていない」ため、公式的にも微妙なラインだと思います。
  • アレンジ曲やメドレーは個別にカウントしません。「REM@STER」や「PERFECT IDOL」はもちろん、「THE IDOLM@STER 2nd-mix」「READY!!&CHANGE!!!!」「The world is all one !! みんなで合唱バージョン」も元の曲のみのカウントとします。ただし「団結2010」はアレンジではない新曲として扱います。
  • カバー曲は含めません。なお、アイマスDBさんによると、現在320曲のCD収録カバー曲があるそうです。この数字も狂ってますよねえ。。。
  • 「ワンダーボイス」「ローディングの歌」「i 〜and you〜」などはゲームに登場した「歌」ですが、CD化されていないため「セリフ・SE」とのグレーゾーンにあるということで除外します。
  • 「ミンナイッショダヨの歌」は除外ですが、「高速道路」は含めています。このあたりの線引きは「CDに収録されているかどうか」で判断しています。

初出年月日について

  • ゲームで遊べるようになった日、もしくはCDやiTunes音源が発売した日付を使用しています。アーケード・パチスロも含みます。イベント先行発売は基本的に除外し、一般発売日を優先しています。
  • テレビ放送・ラジオ放送・映画上映・ライブ・イベントが初出であっても、これを対象としていません。「商品」ではないため、との考え方です。
  • 「ゲーム曲もそうじゃないの?」との意見もあるかもしれませんが、アイマスの場合ゲーム使用曲がCDになるのに1年以上かかることも珍しくないため、現実的に入れざるをえませんでした。なにより2005年7月に10曲を投入できなくなってしまうので……。

コメント投稿フォーム