アイドルマスターのオリジナル曲数を数えてみた・2018年6月


ついに新しいアイマス「シャイニーカラーズ」がリリースされた2018年上半期ですが、このシャニマスも含めた最新のアイマス曲カウントを発表したいと思います。今期は、昨年後半のありえない勢いがまだ残っているような半年でした。しかし後半は少し落ち着いてきたかな~?というところからのシャニマス投入、といった展開になっています。それでは早速いってみましょう。

2018年6月末までのアイマス曲は857曲

曲数カウントのレギュレーションについては、このエントリの最後に記載しています。


今回は真乃ちゃんをいれたかったので、ほわ~とした感じの子を選んでみました。2018年6月までのアイマス楽曲数は、857曲となりました。この上半期で87曲もの増加となっており、これは過去最高のペースだった昨年の下半期にほぼ匹敵する水準です。ほぼ2日に1曲のペースですから、相当おかしな数字だということが分かっていただけると思います。ぶっちゃけ、数えるのもけっこう大変ですw

それでは各プロジェクトの上半期の動きと、下半期の展望を見ていきましょう。

少数ながら濃ゆかった765プロAS

新作ゲーム「ステラステージ」のCDから5曲がリリースされた765プロAS。「shy→shining」はゲーム登場により既に昨年計上しているため、出したCDの割にいまいち数字が伸びませんでした。しかしコロムビアの近年のバラエティ豊かな楽曲は健在で、今年も賑やかで一風変わった愉しい曲がリリースされています。8月のProducer Meetingが目前で、各曲の歌唱が期待されますが、気になるのは今後の展開。下半期以降の情報がないのがヤキモキするところです。プロミで何か告知があるといいですね。こちらには計上されませんが、ミリオンライブの新曲「UNION!!」に全員が参加しているのも忘れちゃいけませんね。

デレステにブレーキ?シンデレラガールズ

シンデレラガールズはこの上半期で20曲の新曲をリリースしました。一時期あまりCDが出なかったSTARLIGHT MASTERがペースを取り戻してきており、更にソロ曲が2曲ずつ収録されるようになったのが大きいです。1年ぶりのCINDERELLA MASTERの発売などもあったシンデレラですが、しかし気になるのはデレステの新曲。実は、デレステから生まれた完全新曲は、今年はまだ「Happy New Yeah!」「美に入り彩を穿つ」「Vast world」の3曲のみ、2月以降だと1曲だけです。これは去年と比べると非常に少ない数字です。デレステ3周年記念ではなにかテコ入れがあるのでしょうか?昨年、名曲を連発した「しんげき」の3期も楽しみです。

楽曲爆発!ミリオンライブ

曲数富豪ミリオンライブが帰ってきた!上半期でなんと31曲というとんでもない楽曲数がリリースされています。全員のソロ曲「M@STER SPARKLE」シリーズが完結したのと、更にミリシタ曲のCDが2月以降毎月、しかも新曲カップリングが付いて発売されているのがとても大きく響いています。あまりに新曲が多すぎて、先日の5thライブでは「やる曲が多すぎてMCが削られる」という事態にまで及びましたw そのライブの中でも新曲が2つ発表されているんだから、もうどうにでもなれって感じです。下半期はTHE@TER BOOST!シリーズの楽曲も登場しますので、今から期待が膨らみます。

SideMも最高速度から急停止?

3周年ライブツアーが大成功だったSideMはアニメ曲が締まったのに加え、3周年CDによる新曲が多数リリースされ、上半期で24曲の新曲が生まれました。アニメ円盤特典での新曲も多く、かなり豊作な半年だったと思います。エムステにも待望のゲーム楽曲がスタートし、順風満帆…といきたいところですが、実のところエムステ新曲以外に大きな動きが見えないというのが現状です。楽曲の投入ペースも5月以降は少し寂しくなってきてます。ここらで何か大きい発表がほしいところですが、8月の周年ニコ生では一体なにが発表されるでしょうか?アニメの二期も期待したいところですが…。

シャニマスは最初の一歩

ついに始まりました、シャイニーカラーズ。現時点ではまだCDが1枚出ているだけですが、ゲームに楽曲が登場しているのでそれをカウントして7曲としています。とはいえ、シャニマスの新曲を7と数えるのは違和感をおぼえる人が多いでしょう。おそらくイルスタ以外の2曲めもまもなくゲームに収録されると思います。シャニマスについては今後の展開がまったく予測できません。デレミリに比べて人数が多くないので、ソロ曲が多く出るのを期待してしまいますが、はたしてどんな動きがあるのか。何が来るか予想できないだけに、いろいろ妄想してしまいます。

ラジオ曲、またしてもゼロ

さて、ラジオ曲。この上半期も0曲でした。「でれぱ音頭」はいつ出るんだー!デレパで歌姫楽園が続いた時期があって、すわCD発売かと思いきやなかなか発表されませんねえ。CDといえばアイステやミリラジも随分と出していない気がします。先日、シャニマスでもラジオが始まりましたが、番組を聞く限り当面は新曲が出なさそうな雰囲気です。水曜アイマスアワーと木曜ミリラジに期待したいところですが、はたして下半期に何か出てくるでしょうか。

まとめ

各作品の項でも書いていますが、この下半期はかなりの曲数が出ている割に、後半2ヶ月がずいぶんとペースダウンしました。4月が異常なほど多かった(24曲!)反動というのはあるかもしれませんが、下半期の展望という意味でもあまり情報が出ていません。とはいえそこはアイドルマスター。きっと何かとんでもないことをしでかしてくれると思います。シンデレラとミリオンは次の大型ライブが決まっていますし、シャニマスはまだ始まったばかりです。年末には「まさかこんなことになるとは」となっているのかもしれません。

昨年末にメモリアルカウント「765曲」を達成して半年が経ちましたが、次のメモリアルカウント「876曲」はもう目の前です。876-765=111曲が半年ちょっとの間に出てしまうこの化け物コンテンツ、数えるのもなかなかキツくなってきましたw まだまだ続けていくつもりですが、情報の誤りにはご容赦を。

さて、次回の記事は2018年12月末ごろを予定しています(その時点でのリリース状況などを鑑みて前後する可能性があります)。年末記事では増加折れ線グラフも載せる予定です。それではまた次回。

レギュレーション

対象とする曲について

  • アイドルマスタープロジェクトの歌と伴奏がある楽曲すべてが対象です。BGMは含めません。対象の楽曲リストはこちら
  • アイマス曲の分類を、大きく「プロジェクト合同」、「765プロAS(オールスターズ)」、「シンデレラ(ガールズ)」、「ミリオン(ライブ)」、「SideM」、「シャニマス」、「ラジオ」に分けています。ぷちます!、876プロ、961時代のJupiter、玲音、詩歌は系統上765プロASに含めています。「プロジェクト合同」はライブテーマ曲の「IDOL POWER RAINBOW」「アイ MUST GO!」の2曲です。
  • 「ラジオ」を別立てにしているのは、ポジション的に「キャラソン」ではなく「声優ソング」に近いためです。ただ、曲によって程度がマチマチで、ラジオ主題歌でもキャラ名義のものがあり、悩みました。基本的にキャラ名義であっても、ラジオ公開の曲は「ラジオ」としています。「Treasure☆」は出自的にラジオ曲としていますが、これは今後見直しがあるかもしれません。
  • 「XENOGLOSSIA」「アイドルマスター.KR」の楽曲はカウント対象が明確でないため対象としていません。今後合算する可能性はありますが現在は未定です。
  • 「REM@STER」や「PERFECT IDOL」「346Pro IDOL selection」「しんげきRemix」などのアレンジ曲やメドレーは個別にカウントしません。「THE IDOLM@STER 2nd-mix」「READY!!&CHANGE!!!!」「オハロナイ○*☆とろぴかる Remix」なども元の曲のみのカウントとします。また「白い犬/黒い犬」「団結/団結2010」「ØωØver!!各種」などの「同じような曲」は全て同曲として扱っています。今期だと、「こいかぜ -紺碧-」は改めて数えません。
  • カバー曲・歌姫楽園は含めません。アイマスのオリジナル曲のみを数えます。アイマス2に登場した初音ミクの「メルト」「ワールドイズマイン」や、デレステの「キミとボクのミライ」「エンジェルドリーム」などは明らかに他コンテンツの曲であるため、計上していません。
  • 「ワンダーボイス」「ローディングの歌」「i 〜and you〜」などはゲームに登場した「歌」ですが、「セリフ・SE」とのグレーゾーンにあるということで除外します。「高速道路」などの伴奏のない曲も除外しています。「315プロNight!」で披露されるしゅごん曲などもカウント対象外とします(今後CD等が出た場合は、収録状況により検討します)。
  • 「マジで…?」「青空エール」は、そもそもアイマス曲なのか?という問題がありますが(あくまでアーティストとしてのリリースでは?ということ)、ここではアイマス曲として扱っています。
  • 「こいかぜ −花葉−」は「こいかぜ」とは別曲としてカウントします。この曲は明らかに「こいかぜ」の派生曲であり、歌詞も継承していますが、メロディが全く異なっており、これらを同曲と数えることは無理があると判断しました。

初出年月日について

  • 初出年月日は、ゲームで遊べる/聞けるようになった日、もしくはCDやiTunes音源が発売された日付を使用しています(ただしサウンドブース・オーディオルーム・サウンドスタジオ等の試聴コーナーはゲーム登場日に含めません)。ゲームにはアーケード・パチスロも含みます。イベント先行発売は基本的に除外し、一般発売日を優先しています。
  • ただし「青空エール」は(初出の時点で)先行発売ではなく会場限定発売であったため、イベント発売日を初出日としています。
  • テレビ放送・ラジオ放送・映画上映・ライブ・イベントが初出であっても、これを初出対象としていません。なお、「Treasure☆」はラジオ曲としてカウントしていますが、デレステに配信されたタイミングをカウント対象としています。
  • 「団結」「マジで…?」はアイドルマスターシリーズではないゲームに登場した楽曲ですが、それぞれの「ゲーム登場日」を初出年月日としています。

コメント投稿フォーム