アイドルマスターのオリジナル曲数を数えてみた・2017年6月


最新の曲数(2017年12月)はこちら

ライブに次ぐライブで死にそうですね!この半年で何回アイマスライブを見に行ったのでしょうか(だいたいLV)。というわけで、今年の中間発表、2017年上半期のアイマス曲を数えてみました。下半期の展望が良好な上、ミリシタが満を持してリリースされるなど、非常に軽い気持ちで数えられて幸せな気分です。それではいってみましょう……の前に、レギュレーションのお知らせです。

「アイドルマスター.KR」に関するレギュレーションと「ミリシタ」楽曲について

2017年上半期計上分に、「アイドルマスター.KR」の楽曲は現時点で含んでいません。正直、現時点でどのように扱っていいのかまだ判断できずにいますが、ただ、将来的に計上の可能性はありますので、コンテンツの展開を見守っていきたいと思います。ちなみに、現状でやはり計上していない「XENOGLOSSIA」は、まず「微熱S.O.S!!」をどう数えるべきなのかの迷いが大きく、正直困ってます。

また、ミリオンライブの「シアターデイズ」は新曲が「Brand New Theater!」他全3曲あるものとして計上しています。リリース時点で理論上開放可能であったほかの新曲が発見された場合、改めて追加する可能性があります。

2017年6月末までのアイマス曲は679曲

曲数カウントのレギュレーションについては、このエントリの最後に記載しています。


今回はロッテ応援組を揃えたオレンジ・黄色系のメンバーです。というわけで、2017年6月末までのアイマスのオリジナル曲はデレステ新曲の「リトルリドル」まで、合計679曲ということになりました。昨年末の集計と比較して52曲の追加です。下半期はミリオンライブやSideMが大変なことになりそうで、年内の700曲突破は間違いありません。「765曲」がその向こうに見えてきたところでしょうか……?

それでは各プロジェクトの上半期の動きと下半期の展望を見ていきましょう。

1曲だけの765プロASは下半期に期待!

プロデューサーミーティングを終えた765プロAS、この上半期の追加曲は「紅白応援V」の1曲のみとなっています。なんとたったの1曲。しかし、この夏以降で新CDシリーズ「MASTER PRIMAL」が発売することが決定し、ミリオンの新作スマホゲーム「ミリシタ」に765ASもがっつり参加するなど、非常に楽しみな下半期となりそうです。こちらには集計されませんが、ミリシタの新曲参加にも期待したいですね。

シンデレラガールズは絶好調を持続

アニメから繋いでまもなくまるっと2年のデレステが絶好調なシンデレラガールズ、相変わらずのハイペースで楽曲が量産されています。この上半期で22曲が増えました。デレステ新曲とソロ2曲めシリーズの影響が大きいですが、久しぶりのCINDERELLA MASTERシリーズの発売やテレビアニメ「しんげき」関連CD楽曲などもあり、相変わらずチャンネルが豊富です。「しんげき」曲は独創的な曲が多く、シンデレラ特有のバラエティ感が更にアップしていますね。新CDシリーズの発表などもあり、下半期もまだまだ新曲が増えそうです。

いよいよミリシタ発進!ミリオンライブ

ミリオンの上半期の新曲は13曲。これまでのミリオンの躍進からすると物足りない数字ではあるのですが、しかし、待望のシアターデイズがついに配信となり、期待爆上げで下半期に突入しました。更に、なんとシアターメンバー全員のソロ曲が追加になる予定ですので、この下半期は曲数の大幅増加が見込まれ、年内には200曲に到達しそうです。ミリシタにもデレステのような新曲が追加されるかもしれませんし、765プロASや新アイドル2名の動向も気になります。激動のミリオンライブ、本当に楽しみです。余談ですが、新加入の白石紬ちゃんが非常にお気に入りです。

アニメ化&新ゲームで歩幅は大きく!SideM

SideMの上半期は、ソロ曲を中心とした構成で16曲が追加されました。ソロ曲はまだ20曲以上残っている上に、新CDの発売も発表済み、そしてなんといってもアプリゲーム化とアニメ化が控えているSideM。このまま順調に行けば100曲に手が届きそうなところまで来ています。円グラフでの存在感も出てきて、いつの間にか本当に大きなコンテンツに育ってきました。新しい作品を通して、プロデューサーが更に増えるといいですね!

ラジオ曲は、なんとゼロ!

さて、ラジオ曲。この上半期では0曲、つまり増加がありませんでした。一応「Treasure☆」の発売はあったのですが、デレステに出たために昨年計上されちゃってるんですよね(今となってはこの曲がラジオ曲なのかも怪しいですが)。まだ「でれぱ音頭」の発売が控えているため弾はのこってるんですけどねえ。今後は、「アイステの新ED曲」や「パーテーション5の楽曲」などで動きがあるかも?

まとめ

というわけで、2017年上半期のアイマス曲カウントでした。各プロジェクトの項でも書いているとおり、今年は下半期が本当に楽しみです。シンデレラの成熟はもはや最高潮ですが、ミリオンとSideMがそこに追いつけとばかりに走りだしたところって感じでしょうか。各々が巨大コンテンツに育ってきた感がありますね。あの夏の10thライブからまもなく2年が経ちますが、そろそろ合同ライブも恋しくなってきた頃。楽しみは本当に尽きません。これからも走り続けるアイドルマスターを全力で追いかけていきたいと思います。

さて、次回の記事は2017年末を予定しています。年末記事では折れ線グラフも掲示します。それではまた。

レギュレーション

対象とする曲について

  • アイドルマスタープロジェクトの歌と伴奏がある楽曲すべてが対象です。BGMは含めません。対象の楽曲リストはこちら
  • アイマス曲の分類を、大きく「プロジェクト合同」、「765プロAS(オールスターズ)」、「シンデレラ(ガールズ)」、「ミリオン(ライブ)」、「SideM」、「ラジオ」に分けています。ぷちます!、876プロ、961時代のJupiter、玲音は系統上765プロASに含めています。「プロジェクト合同」はライブテーマ曲の「IDOL POWER RAINBOW」「アイ MUST GO!」の2曲です。
  • 「ラジオ」を別立てにしているのは、ポジション的に「キャラソン」ではなく「声優ソング」に近いためです。ただ、曲によって程度がマチマチで、ラジオ主題歌でもキャラ名義のものがあり、悩みました。基本的にキャラ名義であっても、ラジオ公開の曲は「ラジオ」としています。「Treasure☆」は出自的にラジオ曲としていますが、これは今後見直しがあるかもしれません。
  • 「XENOGLOSSIA」の楽曲は対象としていません。これには異論があるかもしれませんが、「微熱S.O.S!!」などの中心となる曲が外部アーティスト曲であり、このエントリの計測目的上ノイズになる可能性が高いと判断しています。なお、2014年にアニメイトのキャンペーンで配布された全ジャケットポスターにも「載っていない」ため、公式的にも妥当なラインだと思います。
  • 「アイドルマスター.KR」の楽曲は対象としていません。現時点での扱いとして、アイマス曲として合算すべきか判断がつかないためです。しかし、今後合算する可能性はありますので、今後の展開を注目したいと思います。
  • 「REM@STER」や「PERFECT IDOL」「346Pro IDOL selection」などのアレンジ曲やメドレーは個別にカウントしません。「THE IDOLM@STER 2nd-mix」「READY!!&CHANGE!!!!」「オハロナイ○*☆とろぴかる Remix」も元の曲のみのカウントとします。また「白い犬/黒い犬」「団結/団結2010」「ØωØver!!各種」などの「同じような曲」は全て同曲として扱っています。今期だと「lilac time ピクニックライブ・アコースティックVer」は新曲として数えていません(「ぴにゃこら太絵かき歌」「きらりんロボのテーマ」などはカウント対象です)。
  • カバー曲・歌姫楽園は含めません。オリジナル曲のみを数えます。アイマス2に登場した初音ミクの「メルト」「ワールドイズマイン」や、デレステの「キミとボクのミライ」「エンジェルドリーム」などは明らかに他コンテンツの曲であるため、計上していません。
  • 「ワンダーボイス」「ローディングの歌」「i 〜and you〜」などはゲームに登場した「歌」ですが、「セリフ・SE」とのグレーゾーンにあるということで除外します。「高速道路」などの伴奏のない曲も除外しています。「315バースデーNight!」はCD化されていないので除外しています。
  • 「マジで…?」「青空エール」は、そもそもアイマス曲なのか?という問題がありますが(あくまでアーティストとしてのリリースでは?ということ)、ここではアイマス曲として扱っています。

初出年月日について

  • 初出年月日は、ゲームで遊べる/聞けるようになった日、もしくはCDやiTunes音源が発売された日付を使用しています(ただしサウンドブース・オーディオルーム・サウンドスタジオ等の試聴コーナーはゲーム登場日に含めません)。ゲームにはアーケード・パチスロも含みます。イベント先行発売は基本的に除外し、一般発売日を優先しています。
  • ただし「青空エール」は(初出の時点で)先行発売ではなく会場限定発売であったため、イベント発売日を初出日としています。
  • テレビ放送・ラジオ放送・映画上映・ライブ・イベントが初出であっても、これを初出対象としていません。なお、「Treasure☆」はラジオ曲としてカウントしていますが、デレステに配信されたタイミングをカウント対象としています。
  • 「団結」「マジで…?」はアイドルマスターシリーズではないゲームに登場した楽曲ですが、それぞれの「ゲーム登場日」を初出年月日としています。

コメント投稿フォーム